皮膚内にある汗を分泌する腺で、エクリン腺アポクリン腺の2種類がある。エクリン腺は全身にあり、エクリン腺から出る汗はほとんどが水分で、主に体温調節の役割を果たしている。一方、アポクリン腺はわきの下や陰部、外耳道など限られた部分にあり、乳白色がかった液体を分泌する。この汗は、たんぱく質や糖類、アンモニア、脂質などを含んでおり、このうち脂質が皮膚表面の細菌により分解されて特有の刺激臭を発するのがワキガである。