生体内での物質の合成や分解などがスムーズに行われるように、触媒(ある物質の化学反応を促進しながら、それ自体は変化しない物質)のような働きをするたんぱく質の一種。生体内のほとんどすべての化学反応は、酵素の触媒作用によるものである。食物の消化に関わるアミラーゼ、リパーゼ、ペプシンなども酵素の一種。化学反応のそれぞれに特定の酵素が関与するため、体内には非常に多くの酵素が存在する。