皮膚や毛、目などにある黒色または黒褐色の色素で、メラニンの量によって肌や髪、目の色が決まる。皮膚の場合、表皮(皮膚の表面の部分)の一番奥の基底層にあるメラノサイトという細胞によって作られ、紫外線を吸収して肌を守る働きがある。紫外線などの刺激を受けるとメラノサイトがメラニンをつくり出し、表皮より奥に紫外線が入らないようブロックする。刺激を受け続けたり、肌の新陳代謝がうまくいかなかったりすると、表皮の奥にメラニンがとどまってしまい、しみやそばかすとなる。