腹筋の内側や内臓の周囲についている脂肪のことで、内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションのような役割をする。しかし必要以上につき過ぎると、余分な脂肪が血液中に溶け出し、糖尿病や高脂血症、高血圧症などを引き起こす。女性より男性につきやすく、加齢、食べ過ぎや不規則な食事、運動不足などによってつきやすくなる。皮下脂肪に比べて「つきやすく、落ちやすい」のが特徴で、内臓脂肪を減らすにはバランスのとれた食事と継続的な運動が有効である。