インスリンは、骨格筋や脂肪、肝臓で血液からの糖の吸収を促し、エネルギーを作ったり蓄えたりする働きをもつホルモンである。インスリン抵抗性とはインスリンが十分存在しているにもかかわらず、その作用が鈍くなっている状態をいう。インスリン抵抗性があると血糖が下がりにくくなり、血糖を正常にするためにはより多くのインスリンが必要となる。この状態が続くと、すい臓のインスリン分泌機能が低下し、血糖値が上昇して糖尿病を引き起こす。