脂質の一種であるコレステロールは水に溶けないため、特殊なたんぱく質と結びつきリポたんぱくという複合体として血液中に存在する。そのうち高比重のリポたんぱく(HDL)は、血管や組織についた余分なコレステロールを肝臓内まで運んで回収する、いわば清掃車のような働きをする。これにより血液中のコレステロールの増加が抑えられ、動脈硬化の防止につながるため、HDLコレステロールを善玉コレステロールと呼んでいる。