ドコサヘキサエン酸の略で、不飽和脂肪酸の一種。体内で生成することができないため、食品から摂取しなければならない必須脂肪酸である。さば、いわし、さんま、まぐろなど、主に青背魚に豊富に含まれる。血栓ができるのを防いだり、血液中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減らして善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがある。また、脳の神経細胞に作用し、脳の働きを活発にしたり、情報処理能力を高めるなどの働きをすると考えられている。