プラーク(=歯垢)とは、歯の表面にこびりついた細菌の塊のことで、プラークから出る酸や毒素が虫歯や歯周病の主な原因となる。口中のプラークをゼロにすることはできないため、プラークの増殖を抑え、歯や歯肉に悪影響を及ぼさない程度に細菌を減らして口中を整えておくことをプラークコントロールという。具体的な方法としては、歯磨きのほか、規則正しい食生活、繊維質の食品をよく噛んで食べる、虫歯を治療する、定期的に歯石を取るなどがあげられる。