活性酸素は通常の酸素に比べて著しく不安定な性質をもち、自らを安定させようと身近な物質を次々と酸化してしまう。呼吸によって体内に取り入れられた酸素の数%は活性酸素になるといわれ、そのほか排気ガスや化学薬品、食品添加物、放射線、紫外線、喫煙、ストレスなどでも発生すると考えられている。体内に侵入する細菌を撃退する働きもするが、過剰に発生すると体内の細胞を傷つけ、老化や動脈硬化、がんなどの原因になると言われている。