柑橘(かんきつ)類や酢、梅干しなどに含まれている有機酸の一種。水に溶けやすくさわやかな酸味があるため、食品添加物として多用されている。クエン酸はエネルギー代謝を円滑にし、運動すると作り出される疲労物質である乳酸を分解するため、クエン酸を十分にとることで、新陳代謝が活発になり、疲労回復を早めるといわれる。また、鉄やカルシウムなど体に吸収されにくいミネラルを包み込んで吸収されやすい形に変える働き(キレート作用)や、血流改善効果も期待されている。