缶詰、レトルト食品など、品質が比較的劣化しにくい食品に表示され、品質が保たれ、おいしく安全に食べられる期限を示している。表示は年月日だが、期限が3カ月を超えるものは年月のみで表示することもある。一方、消費期限は、弁当、生菓子など、製造・加工日を含めおおむね5日以内で品質が急速に劣化する食品に表示される。年月日(時間)で表示され、この期限をすぎると腐敗などによる衛生上の危害が生じる可能性が高くなる。どちらも、未開封の状態で、定められた方法で保存された場合を前提としている。