過剰な皮脂分泌により、ひたいやほお、あご、胸、背中などにあらわれる皮膚疾患で、男性ホルモンの影響によって思春期にできやすい。初期には、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面ぽうという湿疹ができ、ここに細菌が繁殖して、炎症や化膿を引き起こす。皮脂を洗い流して毛穴がつまるのを防ぐため、十分な洗顔を行うことが大切。にきび予防には、適切なスキンケアのほか、バランスのとれた食事、規則正しい生活、ストレス解消などを心がけることが大切である。