根管とは、歯の内側にある歯髄(神経)が入っている細い管のことで、根管治療には歯髄を取り除く抜髄(ばつずい)と、根管内が細菌に感染し、それが歯の根の外まで広がってしまった場合に行う感染根管治療がある。根管内をきれいにして消毒し、空洞になった部分に防腐剤のような薬を隙間なく詰め、最後にかぶせ物をする。感染根管治療では詰め物をする前に根の先にある病巣の治療を行うため時間がかかる。むし歯が進行してしまった場合でも、自分の歯を残すことができる治療法である。