角質の中にあるケラチンというたんぱく質を好むカビ(真菌)の一種で、生命力が強く高温多湿の環境で繁殖しやすい。この菌が皮膚に住みつき、赤い腫れやただれ、かゆみなどを生じるのが水虫である。足に感染する「足白癬(水虫)」が最も多く、次いで多いのが爪にできる「爪白癬(爪水虫)」である。家庭、公共浴場やプールなど、素足で歩いたり、バスマットやスリッパを共同で使用する場所では感染の危険性が高い。薬で治療するが、症状が治まっても使用書に従って続けて使用することが大切。