お茶の苦味や渋みの成分で、ポリフェノールの一種、フラボノイド系に属する。カテキンは緑茶に最も多く含まれ、抗酸化力が強くがんや生活習慣病の予防に効果があると言われている。ほかに、殺菌作用や抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、血圧やコレステロールを低下させる作用、血糖値の上昇抑制、体脂肪を減少させる効果などが期待できる。