オクラ、山いも、納豆、うなぎ、どじょうなどに含まれるヌルヌル・ネバネバした成分のこと。たんぱく質と多糖類が結合した粘性物質で、胃や腸などの消化管、気管、生殖腺、目など、人体の粘膜の表面を覆う粘液の主成分もムチンである。ムチンを摂取することにより、胃の粘膜を保護し、胃炎や胃かいようなどの予防に効果があると言われている。また、肝臓や腎臓の働きを助ける、消化を促進して便秘を改善する効果などが期待できる。