からだに害を与えるウイルスや細菌などの異物(抗原)が体内に侵入したとき、これらを撃退するために体内でつくられる物質。抗体は異物である抗原に結合し、抗原のもつ毒素や感染力を失わせたりする。また、抗体がとりついた抗原は、免疫細胞に攻撃されやすくなる。地球上には膨大な数の抗原が存在するが、私たちのからだは抗原のそれぞれに対して、適合する抗体をつくって対処できるしくみになっている。