ヘルペスウイルスが原因で皮膚に小さな水ぶくれの集まりができる病気で、主に単純疱疹(たんじゅんほうしん)と帯状疱疹の2種類がある。単純疱疹は顔面、とくに口の周囲にできやすく、ほかに外陰部や角膜に出るものもある。帯状疱疹は、からだの片側に帯状にあらわれ、痛みをともなう。どちらのヘルペスウイルスも感染すると一生体内に潜んでしまい、抵抗力が低下したときに再発する。帯状疱疹は一度かかればほとんど再発しないと言われるが、単純疱疹は何度でも再発をくり返す。