肩関節から肘(ひじ)関節をつなぐ筋肉で、俗に二の腕と呼ばれる上腕の後ろ側にある。二の腕の前側にあって力こぶができる部分を上腕二頭筋という。物を持ったり引き寄せたりするときに働く上腕二頭筋は日常的によく使われるが、曲げた肘を伸ばしたり物を押すときに働く上腕三頭筋は、意識しない限りあまり使われないため脂肪がつきやすい。また、二の腕は体の中で最も皮膚に近い位置に太い動脈が通っているため、それを保護・保温するためにも脂肪がつきやすくなっている。