トマトに含まれる赤い色素で、カロテノイドの一種。トマトジュースやケチャップなどの加工用に使われる赤系のトマトに最も多く含まれ、スイカや柿、ピンクグレープフルーツなどにも含まれる。強い抗酸化作用をもち、さまざまな生活習慣病の予防や抗がん作用、老化抑制作用が期待されている。加熱に強く油に溶けやすいので、油で炒めて調理すると吸収率が高まる。