体温調節がうまくいかず、体内に熱がこもることで起こる病気の総称で、高温多湿の環境での運動や労働などで起こる。体温の上昇や筋肉のけいれん、めまい、吐き気、頭痛、虚脱感、失神などの症状が出て、ひどくなると意識障害を起こし死に至る場合もある。予防のため、炎天下や蒸し暑いときの外出は通気性のよい服装で直射日光を避け、こまめな水分補給を心がける。