ゴマに含まれる抗酸化物質リグナンを構成する成分のうち、最も多いのがセサミンである。肝臓の機能を高めアルコールの分解を促進する、血中中性脂肪やコレステロールを低下させる、ビタミンEの抗酸化作用を高める効果などが期待される。殻がついたままではほとんど消化吸収されないため、すりゴマにするとよい。ごま油に比較的多く含まれる。