目の回りやほおなどに集中してみられる小さな茶褐色の斑点で、メラニン色素が色素沈着してできる。色白の人にできやすく、遺伝的な要素があるとされる。5〜6歳ごろからみられ、思春期に目立つ傾向がある。主な原因は紫外線で、顔以外にも日にさらされる首や手、背中や胸元などにもできやすい。そばかす防止には紫外線対策をしっかりして、ビタミンCやE、B群を積極的にとるとよい。