結膜(上下のまぶたの裏側と白目の表面を覆っている薄い膜)に炎症が起こる病気で、ウイルスや細菌による感染性のものと、感染しないアレルギー性のものがある。結膜の充血、涙が止まらない、目やにが出る、目の異物感などの症状があらわれる。感染性結膜炎は感染力が強く、特にアデノウイルスによる結膜炎は「はやり目」とも呼ばれる。クラミジア感染症や淋菌感染症などの性感染症が結膜炎を引き起こすこともある。