正式にはアニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法)といい、動物とのふれあいによって精神疾患や身体疾患を改善させる治療行為のこと。精神的な癒しやレクリエーション、生活の質の向上などを目的に、ボランティア団体や個人が動物を連れて老人ホームなどの施設を訪問する動物介在活動や、子どもたちに動物とのふれあい方や命の大切さを学んでもらう動物介在教育も、広い意味でアニマルセラピーと呼ばれる。