胃の上部にあって胸とお腹を仕切っている横隔膜を上下させて行う呼吸法で、肋骨(ろっこつ)と肋骨の間にある肋間筋(ろっかんきん)を使って行う胸式呼吸よりも多くの酸素を取り込むことができる。横隔膜を動かすことで胃腸の働きが活発になり、深い呼吸が自律神経に作用してリラクセーション効果があると言われる。また、腹筋が鍛えられるので腰痛予防にも役立つ。基本的なやり方は、鼻からたっぷり息を吸ってお腹を膨らませ、口からできるだけゆっくり息を吐いてお腹をへこませる。