皮膚表面にある角質層の細胞と細胞の間を埋める脂質の主要成分。皮膚のうるおいを保ったり、紫外線や細菌、アレルゲン物質などが皮膚内に侵入するのを防ぐバリアの働きをして、肌を健康に保つ。セラミドは加齢とともに減少し、不足すると皮膚の水分を保持できなくなってシワやたるみ、乾燥肌の原因になったり、バリア機能が弱くなるためちょっとした外部刺激で皮膚トラブルを招くようになる。