体外から超音波(人間の耳には聞こえないほど周波数の高い音)をあて、反射音をコンピュータ処理して画像化し、臓器や組織の状態を調べる検査法で、エコー検査ともいう。心臓、肝臓、腎臓、子宮、乳房、甲状腺など体の広い範囲の検査に用いられ、腫瘍や結石の有無なども調べられる。内部に空気を含む肺や胃のような臓器や、硬い骨の検査には不向きで、これらの影になる部分も検査できない。人体に無害であることから、妊婦のお腹の中の胎児を見るのにも利用されている。