心臓の筋肉の収縮によって発生する微弱な電流を、手足や胸につけた電極でとらえ、波形のグラフに記録したもの。心臓病発見の手がかりとなる最も基本的な検査として用いられ、狭心症や心筋梗塞、不整脈、心臓肥大などの発見が可能。心電図だけでなく、さらにくわしい検査が必要になることもある。不整脈や狭心症など発作時でないと異常が発見できない病気もあるため、携帯型のホルター心電図を24時間装着して検査をすることもある。