耳は外側から外耳、中耳、内耳に分けられるが、一番奥の内耳にあって音を感じとる器官が蝸牛。かたつむりに似た形をしており、内側に感覚細胞(有毛細胞)が並んでいる。中耳から音が振動として伝えられると、感覚細胞がそれを電気信号に変え、聴神経を経て大脳に伝え、音として認識される。大きな音を聴いたとき、強い振動によって感覚細胞の一部が脱落することで難聴が起こる。