月経ではないのに性器から出血することで、出血量はごくわずかなものから大量の出血までさまざま。思春期や閉経期にはホルモンバランスの乱れから不正出血が見られることが多い。一方、外陰部の軽い炎症から子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸管ポリープ、子宮がんや卵巣がん、子宮肉腫まで、さまざまな病気が原因で不正出血が起こるため、出血量や頻度にかかわらず、早期に受診する必要がある。