がんの疑いがあるときや早期発見を目的に、体の細胞を採取してがん細胞がないかどうか調べる検査。粘膜をこすったり、尿やたん、胸水、腹水などに混じった細胞を集めたり、乳腺などのしこりに注射器を刺し細胞を吸引したりして顕微鏡で調べる。メスで体を傷つけずに検査ができ、子宮頸部の細胞から子宮頸がん、たんから肺がん、尿から膀胱(ぼうこう)がん、胸水から肺がんなどが発見できる。