両足の膝から下をお湯で温める入浴法。肩までお湯につかる全身入浴と違って、身体に水圧がかからないため、心臓や肺への負担が少ない。足で温められた血液が体中を循環して全身が温まり、むくみや冷え、不眠の改善、疲労回復などの効果があるとされている。温泉地での「足湯」や、家庭ではフットバス(足浴器)を使って手軽に足浴ができる。かぜや体調不良などで入浴できないときの部分浴としても有効。