植物のもつ香りを利用して心や体を健康にする自然療法で、狭義には植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使用する健康法をいう。アロマとは芳香、テラピーとは療法のこと。精油の香りを嗅いだり、マッサージや入浴に利用することで、人が本来もつ自己治癒力を高めたり、美容に役立てようというもの。香りは脳の大脳辺縁系を刺激し、自律神経や免疫系、ホルモン系の働きを調整し、心身に影響を及ぼすといわれている。