健康に害のある生活習慣を長年続けることで起こる病気。「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義され、肥満症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、心臓病、歯周病、高尿酸血症、骨粗しょう症、がんなどが含まれる。かつては「成人病」と呼ばれていたが、加齢よりも生活習慣の要因が大きく、若い人でも発症することから「生活習慣病」と名称が改められた。