細胞が生まれ変わるときの秩序が狂い、体の一部の組織・細胞が異常に増殖する病変をいう。多くは体の内側や表面にはれ物ができるが、かたまりをつくらない白血病のような腫瘍もある。増殖と転移を続ける「悪性腫瘍」と、増殖するが転移しない「良性腫瘍」がある。悪性腫瘍には癌腫や肉腫など、良性腫瘍には筋腫や脂肪腫などがある。悪性腫瘍はがんとも呼ばれ、放置すれば命とりになる。良性腫瘍でも腫瘍が神経や組織を圧迫して障害が出るなど、支障がある場合は手術が必要。