人や動物の尿の主成分で、血液や体液にも含まれる。サメなどの軟骨魚の肉にも多い。皮膚の角質層にある天然保湿因子の主成分のひとつでもあり、皮膚の水分を保つ作用のほか、余分な角質をとりのぞく働きや殺菌作用、傷を治す働きもある。 ハンドクリームなどの化粧品、肥料、合成樹脂などの原料として使われている。