動植物に含まれる黄色やオレンジ色の色素カロチノイドの一つ。緑黄色野菜に多く含まれ、体内で必要な分だけビタミンAに変わる。ビタミンAは細胞膜の材料となり、特に目には必須の栄養素。皮膚や粘膜を丈夫にしてかぜなどの感染症を予防したり、成長を促す役割をもつ。βカロテンには抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化、心臓病などの予防効果が注目されている。にんじん、にら、春菊、小松菜、ほうれん草などに豊富。