キャリアとは「(ウイルスを)運ぶ者」という意味で、病原性のウイルスを体内に保有している人のことをいう。感染した状態が続いていながら、症状がまったくあらわれない場合もあり、気がつかないうちに病気が進行したり、人に感染させる可能性があるため、定期的に検診を受ける必要がある。たとえば、エイズでは5〜10年もの間、症状のないキャリアの状態が続く。B型・C型肝炎の場合、乳幼児期にキャリアになったとしても、成人になるまで症状がでないことがほとんどである。