ウイルスなどに感染したときに、体内でつくられるたんぱく質の一種で、免疫機能を活性化させる物質。ウイルスを攻撃するリンパ球を活性化し、ウイルスを排除したり増殖を抑える働きをする。C型慢性肝炎の患者の場合、体内で作り出すインターフェロンの量だけではウイルスを撃退することができないため、人工的につくられたインターフェロン製剤が治療に使われている。