一般に、副腎から分泌される副腎皮質ステロイドホルモンのことをいう。ステロイドは生命を維持するための重要な働きをしているが、そのなかでも炎症やアレルギー反応を抑える作用が着目され、医療用に合成されたものがステロイド薬である。アトピー性皮膚炎やぜんそくなどのアレルギー疾患、関節リウマチなどの膠原病(こうげんびょう)など、多くの病気の治療に用いられているが、使い方によっては副作用が出ることがあるため、専門医の指導のもとに使用すべき。