腎臓の機能が低下して正常に働かない状態をいい、急性腎不全と慢性腎不全がある。急性腎不全は、大量出血や薬剤などが原因で急激に起こるが、適切な治療を受ければ回復が期待できる。一方慢性腎不全は、慢性の腎臓病が徐々に悪化して腎機能が低下するもので、完治に導く治療法がない。慢性腎不全が進行して末期に至ると、そのままでは生命を維持できなくなり、人工透析か腎臓移植が必要になる。