植物の花や葉、果皮、樹皮、根、種子などから抽出したオイル(精油)で、植物の有効成分が濃縮された揮発性の芳香物質。これを用いて美容と健康増進に役立てようという自然療法がアロマテラピーである。肌から直接成分を吸収する場合と、アロマポットなどで香りを嗅ぐ場合があるが、トリートメントオイルや化粧水として肌に用いる場合は、直接肌につけるのではなく、キャリアオイルと呼ばれる無臭の植物油や精製水、グリセリンなどと混ぜて必ず薄めて使用する。