高い血圧を下げるための薬で、心臓から送り出される血液量を減らす作用のある薬と、末梢血管を広げる作用のある薬の大きく2タイプがある。前者にはβ遮断薬や利尿薬が、後者にはACE阻害薬、カルシウム拮抗薬、ARB(アンジオテンシン?受容体拮抗薬)、α遮断薬などがある。ARBは最近開発された薬で、比較的副作用が少なく、心筋梗塞や心不全を予防する働きも認められるため使用量が増えている。降圧剤は、軽症の場合は単剤で使われるが、通常は作用のしくみの違う薬を組み合わせて使うことが多い。