でんぷんやグリコーゲンの分解を促進する消化酵素で、アミラーゼともいう。人の唾液や膵(すい)液に含まれるほか、食べ物では大根やかぶの根、山芋などに多く含まれる。加熱に弱く酸化しやすいため、大根おろしなど生で食べるのが望ましく、食べる直前にすりおろすなど調理には注意が必要。消化不良や胃もたれ、胸やけを防ぎ、食欲不振を改善する効果があり、胃腸薬によく配合されている。