脳の一部で、目の後ろあたりに位置し脳下垂体につながっている。体が外界や体内環境の変化に適応できるように、自律神経系や内分泌系をコントロールし、ホメオスタシス(生命恒常性)を維持する重要な働きをする。体温、睡眠、摂食行動、性行動、感情の調節などにかかわっている。また、視床下部のある部分には体内時計の機能があり、日内リズムに合わせて体が機能するよう調節している。