脂肪細胞から分泌されるホルモンで、肥満遺伝子の研究の際に発見された。視床下部に作用して食欲を抑え、エネルギー消費を増大させるなど、食欲と体重を調整する働きをしていると考えられている。しかし、肥満すると脂肪細胞が大きくなるためレプチンの分泌量もふえるが、逆に「効き」が悪くなって食欲を抑えることができなくなり、さらに肥満が進んでしまうとみられている。