脂肪細胞から分泌されるホルモン。主に脂肪を燃焼させる働きをもち、インスリンの働きを高めて糖尿病を防いだり、血管の傷を修復して動脈硬化を防ぐ働きをする。分泌量は、脂肪細胞の大きさと関連があり、肥満や内臓脂肪の蓄積により脂肪細胞が肥大化すると分泌量が減り、糖尿病や高血圧などのリスクが高まる。日本人には遺伝的にアディポネクチンの分泌量が少ない人が一定割合いるといわれている。