頭蓋骨のすぐ下から尾骨までの「背骨」の部分をいう。椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が連結してできており、椎骨と椎骨の間にはクッションの役割をする椎間板がある。脊椎は前から見るとまっすぐだが、横から見るとなだらかなカーブを描き、このカーブが体の重みや運動によって脊椎にかかる負荷を分散させている。脊椎の中心を貫く脊柱管の中には脳から伸びた脊髄(せきずい)神経が通っており、枝分かれした神経が椎骨の間から伸びて、体の各部位へとつながっている。