外部や内部の環境の変化に対し、生体が体の環境を一定の安定した状態に保とうとする仕組み。「生体恒常性」ともいう。たとえば体温や血圧、血糖値などを一定の範囲内に保ち、傷口を修復したり、病原菌を排除するなどして、健康を維持している。ホメオスタシスは、体のさまざまな働きを調整する「自律神経系」、ホルモン分泌をつかさどる「内分泌系」、病原菌などから体を守る「免疫系」の主に3つの働きによって維持されている。